離婚の慰謝料

離婚の慰謝料金額の相場は?


離婚慰謝料とは

離婚慰謝料とは、離婚に至る原因となる行為および離婚自体について、離婚の原因を作った側が相手方に対して支払う損害賠償金のことです。
簡単にいうと、相手に負わせた心のキズ(精神的損害)に対する償いとして支払うお金のことです。

この慰謝料には、細かくみると、二つの意味があると考えられています。
一つは、夫婦のどちらか一方が浮気をしたり、暴力を振るったりしたことで、相手に精神的につらい思いをさせてしまったことに対する償いという意味です。もう一つは、夫婦関係が壊れて配偶者としての立場を失ってしまうことによって受ける精神的な苦痛に対する償いという意味です。
通常、離婚慰謝料の場合はどちらの要素も含んでいます。

慰謝料を請求できるケース

離婚をするときには、必ず慰謝料が支払われるかというと、そんなことはありません

離婚慰謝料の発生原因には、以下のようなものが該当します。

@ 不貞行為(浮気・不倫のこと)
夫婦のどちらかが不貞行為をした場合は、通常、慰謝料を請求することができます。
また、本人に対してだけでなく、その浮気相手に対しても請求することができます。実際には、浮気が発覚したけれど離婚はしないというような場合に、浮気相手にだけ慰謝料を請求するというケースもよく見られます。

A DV(夫婦間暴力のこと、精神的虐待も含まれる)
浮気とならんで、慰謝料が認められることが多いのが、暴力を受けた場合です。この場合、精神的につらい思いをしただけでなく、体が傷つけられるなど肉体的な苦痛が生じるのですが、それを証明できる診断書などの証拠があれば、慰謝料を請求することができます。

B 悪意の遺棄(家に帰らない、生活費を入れないなど)
例えば飲酒やギャンブルなどの浪費も、離婚の原因となることが多いものです。その程度によりますが、度を越えた飲酒やギャンブルであれば、慰謝料が認められます。

その他、性格の不一致やセックスレスなどの場合は、それだけの理由で慰謝料の請求をすることは難しいようです。

離婚の慰謝料の相場

浮気をされた場合、たくさん慰謝料をとってやろうと思う人が多いかもしれませんが、実際にはテレビや週刊誌で報道されている芸能人やスポーツ選手のような慰謝料は、現実味がありません。

慰謝料の金額の算定にあたっては、様々な事情を総合的に考慮して判断する必要がありますが、双方の有責性や婚姻期間、未成年の子どもの有無、財産分与の状況など全体的な状況が考慮されます。

離婚の慰謝料金額の相場としては、離婚原因別にみると以下のようになっています。

・不貞行為………………100万円〜500万円位
・DV・精神的虐待………50万円〜500万円位
・悪意の遺棄……………50万円〜300万円位
・特に理由がない場合…0万円〜100万円位

【参考資料】


※離婚の慰謝料請求権の時効は、離婚が成立してから3年間です。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ