熟年離婚

“濡れ落ち葉”となった夫が妻に見捨てられる?

熟年離婚の定義

熟年離婚とは長い結婚生活の末にする離婚のことです。

この場合の「長い」とは人によって解釈が異なるますが、一般的には20年以上とされています。

熟年離婚といえば熟年者の離婚のことと思っている人が多いと思います。

ですが、例えば55歳で結婚し、65歳で離婚したとしても熟年離婚とは呼ばないのです。
また、籍が入っているだけで別居していた中高年夫婦の離婚も熟年離婚とは呼びません。

これは長く連れ添った夫婦が夫の定年退職などを機に出来た不満やそれまで我慢していた不満による離婚という意味で使われるためです。

1990年代後半から中高年齢層の離婚がメディアで取り上げられるようになり、熟年離婚という言葉も頻繁に使われるようになりました。
特に2005年10月には渡哲也、松坂慶子が夫婦役のドラマのタイトルとなり、他の同意語や類語を一本化するほどの勢いで流行語的に使われました。

同居期間25年以上の熟年夫婦の離婚は、ここ10年で2倍以上に増えています。
同居期間30年以上に限ってみると3倍近くになりこの増え方は、離婚全体の増加率の2倍にもなります。

しかも、そのほとんどが妻からの申し立てによるものです。

多くのケースは「“濡れ落ち葉”となった夫が妻に見捨てられる」というものですが、そんな“常識”に変化が起きているというのです。

「熟年離婚」と聞いて思い浮かべるのは
“定年を迎えた夫に離婚を突き付けた妻はセカンドライフを謳歌し、
 家事に疎い夫は汚れきった部屋でインスタント食品の毎日を過ごす”
というものが多いでしょう。

ですが、その構図に逆転現象が生まれつつあるともい割れるようになりました。

ある離婚カウンセラーの話では

「10年ほど前までは女性が離婚を求めるケースが8割でしたが、現在は男性から切り出すケースが4割に急増しています。夫たちが“この妻と20年近い老後人生を共に歩めるか”を考えて離婚を決断するようになっているのです」

しかも、「妻と別れる」という生き方を選ぶ理由は「別の女性ができたから」とは限らないというのです。

いずれにしても、婚姻期間が20年以上のケースは、考えさせられます。
想定される年齢は、四〇代後半からそれ以上の年齢の人でしょう。
思慮分別もあり、社会経験も豊富なはずだからです。

高齢者の離婚件数が増えてきていることは「定年離婚」「熟年離婚」という言葉が、よく使われることで端的に表れています。
高齢者の人口が増え、また離婚に伴う「年金分割」が実施され、今後も高齢者の離婚は増加することが予想されます。

ただし、年金分割については「年金が半分もらえる」などとマスコミなどで取りあげられましたが、筒単に半分とはいかない制度です。

物事は慎重に考えたいですね。

もちろん、不幸な結婚生活を清算し、新しく人生をやり直すのに、歳など関係ないという気持ちはわからないでもありませんが、老後の生活をどうするか、考えさせられる問題です。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ