離婚回避の心構え

妻に離婚したいと言われたら…


離婚回避の方法として夫がとるべき行動を考えてみましょう。

最近、日本でも「妻から離婚を申し出る」というケースが増えています。

かつては離婚の申し出といえば「三行半(みくだりはん)」といって、夫(男性)から妻(女性)に対して行なうのが一般的でした。

三行半には「貴女を離縁するので、今後は誰に嫁いでも異議はありません」といった内容が記されていたそうです。

こうした内容の文章を3行半で記した為に、俗に「三行半」と呼ばれていました。

しかし、それはひと昔以上も前の話、現代では妻から夫への離婚宣言が増加しているのです。

これは現代女性が強くなった為なのか、時代の風潮なのかは意見が別れるところでしょう。

ところが、多くの日本人男性は妻から離婚を申し出られると怒りを感じたり困惑したりといった反応を示します。

その理由は「男性が女性から離縁を言い渡されるのはプライドに関わる」と感じる為のようです。

世の中の傾向としては「男女平等・男女同権」が定着しつつあるものの、まだまだ日本人には男性優位的な感情が残っているのは否めないという事かもしれません。

男性の中には「妻から離婚を言われた、自分はダメ男なのかもしれない」と落ち込んでしまう人もいます。

人によっては仕事にまで自信を失くしたり、人間関係に消極的になってしまうケースも見られます。

さらには人生観が変わって「何もやる気がしない」「人間不信になった」という人もいるようです。

かりに妻から「離婚したい」と言われたとしても、それは夫に対して「NO(ノー)」を突き付けているわけではありません。

実は、離婚を申し出る妻には次のように5つの段階があります。

(1) 本気で離婚を決意しており、修復はかなり難しい

(2) 離婚の意志は強いが、状況次第では修復できる

(3) 離婚を考えてはいるが、意志強固というわけではない

(4) 不満はあるものの強い離婚への意志はない

(5) 夫の出方次第で離婚を撤回する可能性が高い

このように、離婚を言い出す妻にも段階があり、すべてが離婚への強い意志を持っているわけではないのです。

言い換えると夫の対応次第で離婚の撤回や、再び夫婦として仲良く生活できる可能性も充分にあります。

強固な決意を持って離婚を言い出す妻の心を変えるのは容易ではありません。

しかし、そうした強い意志を持ったケースは多数派ではなく、ほとんどの妻は夫が反省して行動を改めれば復縁できるという例が多いのです。

離婚申し出から離婚回避に至る為には、妻の心理を理解し寄り添って生きていくという夫の姿勢の有無が重要なポイントとなります。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ