離婚問題のポイント

離婚について考える時のポイント


夫や妻の浮気などが原因で、「離婚」について考え始めたが、何をどうしたらいいのかよくわからない。

離婚について考える時には、問題を整理する意味からポイントを絞って考えてみるのもいいのではないでしょうか。

そのポイントとして考えられるのは
・お互いの気持ちのこと
・子どものこと
・お金のこと

ということになるしょう。

そして、この中で、自分にとって一番重要なことは何か、解決しなければいけない問題は何か、ということを考えていくようにするとよいでしょう。

それでは、一つ一つについて考えてみましょう。

1.お互いの気持ちのこと

離婚について手続をすすめていくうえで、まず、おさえておかなければいけないのが、夫婦ががそれぞれ、「離婚」についてどう考えているのか、ということです。

あなたは離婚したいのか、したくないのか。
相手は離婚したいのか、したくないのか。
こういう「お互いの気持ち」をしっかりと把握する必要があります。

まず、あなたもパートナーも両方が「離婚したくない」と考えているのであれば、離婚に向けた手続を進める必要はありません。
浮気相手に対する慰謝料の問題は別として、離婚に向けて、子どもやお金のことを協議する必要はないわけです。
あとは、夫婦の関係を修復するためにどうすればいいのかを二人で考えればいいということになります。

一方、あなたもパートナーもともに「離婚したい」と考えている場合は、離婚に向けて協議していくことになります。ただ、重要なのは、二人とも「離婚したい」と考えているからといって、それですぐに、離婚が成立するというわけではないということです。

特に、未成年の子どもがいる場合、離婚するためには、どちらが親権者になるかを決めないといけません。
また、そうでない場合も、夫婦で築きあげた財産をどのように分配するのかを決めたり、どちらが家を出ていくのかということを決めなければ、離婚をするのはむずかしいといえます。

ただ、そうはいっても、離婚するかどうかという最も重要な点について、夫婦の合意がとれているわけですから、あとは細部の問題だともいえます。
お互いに「離婚」というゴールに向けて、夫婦として協力しながら、話し合いを進めていくことになります。

問題は、一方が「離婚したい」と思っているのに、相手は「離婚したくない」と思っている場合です。
この場合は、「離婚したい」と考えている側は、そうではない側をなんとか説得するように試みるわけですが、夫婦だけの話し合いで合意に至らないときは、「調停」を申し立てることになるでしょう。
それでも決着がつかなければ、いよいよ「裁判」ということになります。

もし裁判にまで至った場合、相手が離婚に同意していなくても、民法が定める「離婚原因」があれば、離婚は成立します。

2.子どものこと

「子どものこと」は、子どもがいる夫婦にとって、最も重要な問題であるといえるでしょう。
特に、小さな子どもがいる場合は、深刻な問題となりがちです。

未成年の子どもがいる場合、まずはっきりさせないといけないのは、どちらが親権をとって、子どもを育てていくのかということです。

また、離婚したあと、子どもと別居することになった側か子どもと会う機会をどのように確保するのか、すなわち、面会交流をどのようにするのか、といったことも問題になります。

さらに、子どもに関する問題として、養育費も重要です。
養育費をいくらにするのか、きちんと支払ってもらうためにどうしたらいいのか、という点は、子どもを引き取って育てる側にとっては、切実な問題となります。

3.お金のこと

子どものことと並んで、離婚で大きな問題となるのが、「お金のこと」です。

養育費もお金の問題といえますが、それ以外にもお金に関する問題はあります。

まず、財産分与があげられます。
これは、夫婦が婚姻生活で築いた共有財産をどのように分け合うのかという問題です。
夫が働いて妻が専業主婦だった場合でも、その夫婦の財産は二人で築き上げたといえるので、妻にも分与される権利があります。

次に、慰謝料の問題があります。
特に、どちらかが浮気をしていたなど一方に離婚原因がある場合に重要な問題となります。
どのような場合に慰謝料が認められるのか、そして、どれくらいの金額になるのか、といった点がポイントとなります。

そのほかにも、お金のこととして、年金分割請求や婚姻費用分担といったことがあげられます。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ