離婚宣告する前に

離婚宣告する前に、離婚後の生活設計を考える


浮気の確かな証拠をつかんで、浮気が確かなものと分かった時に頭に浮かぶ言葉は「離婚」の二文字です。
たとえ離婚を決意したとしても、相手にそれを切り出す前に、しっかりと考えておくべきことがあります。

それは、離婚後の生活をどうするかという、生活設計を頭の中で描いてみるということです。
つまり、夫婦が別れて暮らすことになった時、生活にどのような変化が起きるのかをシュミレーションしておくことが重要なのです。

とりわけ、大切なことは、別居後や離婚後の生活で必要になる「お金」のことをしっかり計算しておくことです。

とくに、専業主婦で、生活費を夫の収入に依存していたという人の場合は、生活していくためのお金をどのように捻出するのかを考える必要があります。
しばらく生活できるだけの貯金や資産がある人なら大丈夫でしょうが、そうでない人は、新しく仕事を見つけて働くことも視野に入れておく必要があると言えます。

仮に、子供の養育費をもらえたとしても、それだけで生活が成り立つものでもありません。生活費や子どもの教育費を賄えるだけの給料がもらえる仕事を探す必要もでてきます。

また、別居する際、自分が家を出ていくという場合には、どこに住居を確保するのかということも考えなければなりせん。
たまたま、理解してくれる実家がある場合は、実家に帰るという選択肢もありますが、実家がない人や子どもの教育環境などの事情からも、実家に戻らずに独自に家を借りるという場合もあるでしょう。

そんな時のためにも、現実の問題として、どこに住居を定めたらいいのかについても、事前によく考えておくことが必要となってきます。
例えば、賃貸住宅に住むとなれば、たちまち敷金や家賃などの費用が別途かかるようになるわけですから、どうしてもお金の問題がでてくるということなってきます。

このように、もし離婚したら生活がどのように変化するのかをしっかりと把握した上で、お金や住居の問題にある程度の見通しがついた段階で、本格的離婚に向けてに動き出す、つまり、離婚宣言することをおすすめします。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ