離婚と氏

離婚で変更となる戸籍と氏についてはなかなか複雑

離婚することになった場合、そのことで変更となる戸籍と氏についてはなかなか複雑で理解できない人が多いものです。

ここではわかりやすくするために以下の例を用いて解説しています。

【例】
田中花子さんは山田太郎さんと結婚して、氏が田中から山田に変わった。
花子さんと太郎さんとの間には、一郎くんという男の子が生まれた。
花子さんは、太郎さんと離婚することになった。


1.離婚した本人の氏について

●婚氏続称は3ヵ月以内の届け出が必要

花子さんは離婚後、民法上当然に結婚前の氏(田中)に戻ります。

しかし、離婚の日から3ヵ月以内に「婚氏続称の届出」というものを居住する管轄の役所に提出することにより、原則として結婚している間の氏(山田)を離婚後も名乗ることができます。

このように、結婚によって氏を変えた場合は、離婚後、自分が名乗っていく氏を自分で決める必要があります。

どういう氏を名乗るかは社会活動を営む上で極めて重要であることは、いまさら言うまでもないことです。

結婚によって氏を変えているのは多くの場合女性がほとんどですから、特に女性は注意をする必要があります。

●3ヵ月を経過した場合はどうなる?

なお、離婚から3ヵ月が経過してしまった場合でも、家庭裁判所の許可を得た上での氏の変更の届出をすることができますが、裁判所による許可は、どのような場合も認められるわけではなく、「やむを得ない事由」が法律上必要とされています。

そのため、名乗る氏の選択は婚氏続称の届出をすることができる離婚から3ヵ月以内に決定することが賢明であるといえます。

●氏を変更する「やむを得ない事由」とは?

ただ気に入らないから変えたいといった理由だけでは認められず、名乗る氏を変更しなければ生活に支障を来しているといった厳格な理由が必要となります。

●一度は婚氏続称したが戻したい場合は?

婚氏続称の届出を提出して結婚している間の氏を選択したものの、やはり結婚前の氏にしたい場合はどうすれば良いのでしょうか

この場合も、家庭裁判所の許可が必要となり、「やむを得ない事由」がないと結婚前の氏にすることができません。

2.戸籍について

●結婚により氏を変えなかった人の場合

結婚により氏を変えなかった場合は、離婚後も結婚している間に入っていた戸籍にとどまることになり、特別な手続は必要ではありません。

●結婚により氏を変えた人の場合

結婚により氏を変えた場合には、結婚前の氏に戻るか、離婚後も引き続き結婚している間の氏を使用する(婚氏続称)かによって入る戸籍が異なってきます

●婚氏続称の届出をした場合

原則として、新しい戸籍が作成され、その新しい戸籍に入ることになります。

●婚氏続称の届出をしなかった場合

この場合には、結婚する前の戸籍に戻るのが原則になります。

前の戸籍に入っていた本人の父母が別の戸籍へ転籍している場合には、転籍後の戸籍に入ることになります。

結婚前の戸籍が既に削除されている場合や、新しい戸籍の編成の申し出をした場合、新しい戸籍が編成されることになります。

3.子どもの氏・戸籍について

両親が離婚しても、子どもの氏・戸籍には影響はありません。

何の手続もしなければ、一郎くんは親が結婚している間の氏・戸籍のまま(山田一郎)になります。

そのため、離婚により、旧姓の田中に戻った(復氏した)母親(田中花子)が、子ども(山田一郎)の親権者となった場合には、母親の氏・戸籍と子どもの氏・戸籍が異なってしまう場合が出てきます。

氏が異なると、同じ戸籍に入ることができませんので、母親が子どもを同じ戸籍に入れるためには原則として子どもの氏の変更許可申立をこの住所地を管轄する家庭裁判所にし、入籍届を役所に出す必要が出てきます。

つまり、一郎くんは母親と同じ氏(田中一郎)となります。

なお、母親が婚姻中の氏を名乗る婚氏続称はあくまでも結婚中の氏を「名乗ることができる」だけですので、婚氏続称の届けをしている親であっても、その親の民法上の氏は結婚前の氏となっています。

上の例でいえば、婚氏続称の届けをすることにより、山田花子を名乗ることとなりますが、民法上は田中花子のままです。

そのため婚氏続称の届けをしている場合でも、民法上は子ども(山田一郎)と親(田中花子)の氏が異なっていますので、同じ戸籍に入るためには子どもの氏の変更が必要となります。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ