すぐ暴力をふるう

暴力は離婚原因になります。

気に食わないとすぐ暴力をふるうというのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはYESです。

暴力は離婚原因になります。

ワイフービーター(妻叩き亭主)という言葉が英語にもあります。
洋の東西を問わず、どこにでもある現象なのでしょう。

ですが、今日では暴力は許されません。日本でもDV法(ドメスティックーバイオレッス法)もできました。

家族内暴力に対するもので、正式には「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」という長たらしい名称の法律です。

暴力行為は「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するということです。

DV法とは別に、暴力は離婚理由になります。

民法770条1頂5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当します。

ただし、暴力は散発時なことが多いので、日にちが経つと正確なことがわからなくなります。
ですから、いちいちメモをとり、見つからないように隠しておくべきです。

なお、診断書がとれればとることも大切なポイントとなります。
小さいことでも理由を言えば、医師は診断書を書いてくれます。
診断書がある場合も、前後のいきさつが大事なのでメモは別に書いて残す必要があります。

では激論の挙句、一回叩かれたという理由で家庭裁判所が離婚を許すかと言えば、なかなかそういうわけにはいきません。

暴力か相手の粗暴な性質によるもので、繰り返され、これ以上婚姻という共同生活は無理だ、という状況になれば「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして離婚が許されることななるでしょう。

この場合も、夫婦の話合いで離婚することは自由です。

なお、夫からだけでなく、妻からの暴力というケースもありえますから注意が必要です。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ