夫婦喧嘩が多い

夫婦ゲンカが多いからといって離婚理由にはなりません。

夫婦ゲンカが多いからというのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはNOです。

夫婦ゲンカが多いからといって離婚理由にはなりません。

ただし、その結果、夫婦仲が冷却して婚姻が破綻した結果のことであれば、婚姻破綻により離婚を求める法律的な理由
になります。

夫婦ゲンカが多いのは、むしろ破綻していない場合が多いようです。
なぜなら夫婦ゲンカが多いということは仲直りも多いということになりますから。

昔の唄に「人の知らない仲直り」などという粋な文句もありますが、それほどハツキリした仲直りでなくても、なんとなくうやむやになるということも、夫婦生活が続いているからこそという見方もあるでしょう。

家庭裁判所の調停でもそう見てとられることが多いのではないでしょうか。

しかし、仲直りのない夫婦ゲンカが続くという事例であれば、これは婚姻破綻があるということでしょうから、その状態を正確に書き上げれば離婚請求の理由になります。

もちろんこれは、法律上、離婚が認められるかどうかの話です。

夫婦ゲンカがしょっちゅうで、本当に嫌気がさして離婚したいなら、役所へ行って協議離婚の届用紙をもらって来て「これに署名してハンコ押してよ」「いいよ。」となれば、それで後は役所へ提出するだけです。

これが協議離婚で、離婚するのに理由なんかいりません。

そもそも離婚とは、二人で合意したのが離婚だと当然思うでしょうが違うのです。

離婚届は役所へ提出して、窓口で戸籍係が受領して、はじめて離婚が成立するのです。
つまり離婚は窓口の戸籍係が受領のスタンプをポンと押すことで成立するのです。

言い換えれば、離婚当事者の二人の合意ではなくて、戸籍係の届出受領のスタンプです。
したがって、手続として、戸籍係の人がスタンプを押すということが極めて重要になります。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ