働かない夫

ただ働かないだけでは離婚理由にはなりません。

働かない夫というのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはNOです。

働かない夫といつてもいろいろ事情があるでしょう。
ただ働かないだけでは離婚理由にはなりません。
どのような理由で、どのような状況下で働かないのか、という点が大切になってきます。

働く気があれば日雇いでもいいじゃないか、家族はその日の生活費に困っている、という場合もあるでしょうが、人にはそれぞれ立場があります。
年齢やプライドから日雇いはできない、しかるべき働き囗を探しているが、就職ができない、という場合も少なくあり
ません。
と言うより、近年ではそういうケースが多いと言えましょう。

また、収入を必要とする家族の状況も判断の内にいれなければなりません。

それらを総合して、適当に働くことができるのに、怠けて働かず、婚姻生活を維持できないというのであれば、離婚原因(悪意の遺棄)になると思われます。

しかし、世の中で認められて予定どおり働くということは案外難しいものです。

「酒ばっかり飲んで……」と言っても、働けない苦しさから酒に逃避するということもあります。
それを「だらしない」という判断もあり得ますが、生身の人間は理屈どおりにいかないのも事実です。

夫のこれまでの人生の流れ全体を見て、本当にダメ人間なのかどうかで判断しましょう。
有能な弁護士がつけば、裁判所を反対の心証(離婚原因あり)に説得するのはさほど難しいことではありません。

むしろ、働かない状態に幻滅感を抱いて、婚姻生活が破綻したというのであれば、これは別のこととして離婚原因(婚姻を継続し難い重大な理由)になります。

ただし、将来の生活も見据える必要があります。
腹立たしさまぎれに離婚をしても、このようなケースでは財産分与や慰謝料もないでしょう。

また、家族の収入が増えるわけでもありません。
離婚とともに、将来の収入をどうするかを並行して考える必要があるのではないでしょうか。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ