カードの使い過ぎで自己破産

自己破産したこと自体が離婚原因となることはありません。

今の世の中、カードを使って生活するのは常識となっています。

ところが、カードの使いすぎはよくある話でカードを使いすぎて自己破産というケースも増えています。

自己破産をすれば一応その時点で、いったんケリはつきますが、ほとんどの場合は再起するのは困難です。

そんな相手は見込みがない、だから離婚したほうがいいということはよくある話でしょう。

ところが、貧乏になったからといって、離婚原因になるということは、法律の規定にありません。
貧乏したときは助け合うのが夫婦というのが一般的な常識です。

しかし、貧乏にもいろんな原因があり、貧乏になった結果としての状況も千差万別です。

ですから、簡単に言ってしまえば、どうにも我慢ができない場合、話し合って合意の上で離婚することです。

では、自己破産というのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはNOです。

自己破産したこと自体が離婚原因となることはありません。

自己破産は法律が認めている制度だからです。

ただし、自己破産ではさまざまなもめ事が起きます。

たとえば、家族をおいて自己破産をした配偶者が家を出て行方不明になるかも知れません。
また、お金がないことから夫婦ゲンカが絶えず婚姻関係が破綻しているかも知れません。

こうした場合は、程度にもよりますが、離婚することができるでしょう。

それどころが、相手も再起のために身軽になりたい、あるいは中し訳ないと思い、離婚を望むかも知れません。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ