好きな人ができた

好きな人の正体を見極めて

好きな人ができたというのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはNOです。

例えば、付き合っている人がいるという場合。
今どきの話ですから、付き合うとは男女関係があるということでしょうね。

これは、法律上は「不貞」となります。
不貞、つまり婚姻破綻の原因を作った方からの離婚請求は認められないのが原則です。
これを「クリーンハンドの原則」と言います。
つまり汚れた手の方が離婚を求めても認められない、という考え方です。

ただし、これも次第に崩れかけています。
別居が長期となり、月日が経てば、婚姻関係が破綻しているとして離婚請求が認められることもあります。
民法改正案では、五年以上の別居を離婚原因としています(現在、見送り未成立)。

もっとも不貞がバレていなければ、何食わぬ顔で離婚請求をすることはできます。
しかし、請求が浮上するといろいろ調査されると思わねばなりません。
当分は身をつつしか必要があります。
相手もなにか感づいているかも知れません。

なお、離婚請求には法的な離婚理由が必要ですから、その有無が問題となります。
他に愛人がいる、などは法的には離婚は認められません。

次は好きな人ができたという場合。

離婚したいというのであれば、相当深入りしている場合です。
この場合、まず、経済問題から考えてみましょう。

離婚、そして再婚はかなりの消耗を伴うものですし、環境も激変します。
あなたが過去に積み上げてきた生活はこれまでの資産であり、今の立場はあなたの地位です。

家庭という企業の中で、妻は通常、副社長の地位にあります。
少しは慎重になることも必要なことではないでしょうか。

離婚できるかどうかについて言えば、このような理由で法律的には話合いで相手配偶者の同意を得て、協議離婚するしがないでしょう。
婚姻の破綻があり、それが誰が見てももっともな場合は別ですが、離婚請求はできません。

よく考える必要があるのは、好きな人の正体を見極めて、いい人か悪い人かの判断はもとより、次の家庭を構える相手としてふさわしい器の人かどうかなどです。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ