浮気が発覚

浮気をしていることがわかったということだけで、ハツキリした証拠があるのでしょうか。

浮気をしていることがわかったというのは、離婚できる理由になるでしょうか?

答えはNOです。

浮気をしていることがわかったということだけで、ハツキリした証拠があるのでしょうか。
ピンと来るということもありますが、それでは裁判所で通用しません。

最近では、携帯電話やメールでわかった、という事例が多いのですが、よほど明確な事実が指摘できないかぎり、言い逃れをされてしまいます。

それに「浮気」と言ってもその内容はなんでしょうか。
法律には不貞という用語がありますが、では不貞とはなにかとなると意外にハツキリしていないのです。

では、浮気の証拠と不貞行為について考えてみましょう。

ラブホテルから二人で出るところを写真にとった、という場合であれば、不貞の証拠となりますが、それすらも、明確に写っていないと、人違いと言われてしまいます。

また、過去の一回や二回の不貞では、離婚原因にならない、という判例もあります。

浮気と不貞との相違も問題となります。

まずは、不貞があっても離婚しない事件は少なくありません。
いきなり、「離婚したい」とまで決心するには、過去の婚姻破綻の積み重ねがあると思います。
浮気を同一相手と長期間、あるいは不特定の相手と断続的にしている場合には、明らかな離婚原因となります。

不貞行為が発覚して「離婚したい」と言ったら、あっさり「そうしよう」となるケースもあります。
相手も別れて不貞行為の相手と結婚あるいは同棲したいというケースです。

この場合は、子どもや金銭だけが問題になります。
財産分与とは別に慰謝料の請求ができるので、できるだけ多くの慰謝料を取ることです。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ