浮気の証拠集め

まずは、浮気の証拠を集めることが大切です。

浮気のサインをきっかけに、いろいろな情報を集めてみた結果、「どうやら浮気をしているらしい」となったら、どうすればいいでしょうか。

離婚を決意して有利な方向にすすめるのか、慰謝料を請求するのか、気持ちを整理して話し合うのか・・・
それはともかくとして、まずは、証拠を集めることが大切です。何をするにしても「証拠がすべて」ということになります。
ここでは、浮気の証拠を自分で集める方法について考えてみたいと思います。
自分で出来ることには限界があるかもしれません。あまり無理をせず、出来る範囲で行うようにしましょう。

1.証拠になるような写真を撮る

証拠として有力なのは写真です。浮気相手と二人そろって、ホテルや浮気相手の自宅などに入っていくところや、一定時間が経ってから二人で出てくるところを撮影できれば、決定的な証拠になります。
ただし、浮気現場の写真は、そう簡単に撮影できるというものではないので、実際には、探偵事務所に依頼して撮影してもらうことになるかもしれません。

2.ホテルやレストランのレシートを集める

日頃の言動と矛盾しているレシートも、証拠としてそれなりに有効です。
財布やカバンのなかから出てきた、ホテルやレストランのレシートが証拠となる場合があります。
また、自宅や会社の近くでない場所で、ふだんは立ち寄ることがないようなコンビニ店舗のレシートが見つかれば、浮気相手と会ったときに利用した可能性があります。ホテル街の近くの店舗であれば、浮気と関係している可能性が高いので、店の住所をグーグルマップなどで検索してみるといいでしょう。

3.浮気メールを証拠に残す

浮気相手とやり取りしたメールも重要な証拠です。メールの文面や添付されている写真に、浮気を示すような内容があれば、十分に浮気の証拠となりえます。
携帯やパソコンに残っているメールのうち、浮気の証拠になりそうなものを自分の携帯などで撮影しておけば、それが証拠となるのです。
また、メールだと証拠が残るので、もっぱら浮気相手と電話でやりとりしている場合は、携帯電話の通信履歴が証拠となる場合もあるので、通信履歴を確認してみるのも一つの方法です。

4.SNSなどのネットサービスをチェック

SNSのフェイスブックに浮気の証拠が残される場合もあります。アルバムに投稿されたツーショット写真の日時と場所が判明すれば証拠になる場合があります。また、写真につけられたタグで、浮気相手と一緒にいたことが判明する場合もあります。
また、LINEを使ったやりとりも重要です。こちらはメールと同じように、浮気相手との一対一のやりとりとなるので、過去のやりとりが消去されずに残っていれば、有力な証拠となる場合があります。

5.手帳を調べる

ネット時代になっても、手帳やスケジュール帳を愛用している人もいます。そんな場合は、手帳を調べてみるのも一つの方法です。
手帳やスケジュール帳に、浮気相手といつ会ったのかが記載されていることがありますし、とくに女性の場合はかなり細かく、どこどこのホテルに行ったなどと書いていることが少なくありません。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ