浮気のサイン

浮気が疑われる妻や夫の行動パターンとは?

浮気が疑われる妻や夫の行動には、浮気を示すサインとして、いくつかのパターンがあります。
それを知っていることで、浮気の早期発見につながり、大事に至らないということも期待できますので、チェックしてみましょう。

1.携帯電話にロックをかける

まず、浮気を察知するきっかけとして、よくあるのが携帯電話です。
浮気相手との連絡手段として、通常は、携帯電話を使って電話やメールでやり取りしています。
これを、パートナーに知られたら大変なことになるわけですから、浮気している当人はなんとかそれを隠そうとします。そこで、メールや通話履歴をパートナーに見られないように、携帯電話に「暗証番号」を設定してロックをかけ始める、というのがよくあるパターンです。

2.風呂やトイレに携帯を持ち込み、こそこそメールをしている

また、ロックをかけているわけではないけれど、携帯電話の内容を見られないように、トイレや風呂に入るときも肌身離さず持って行ったりしている場合なども、浮気が疑われるケースといえます。

3.深夜残業や休日出勤が急に増える

浮気相手に会うために、いろいろと時間を工面しなければなりません。そこで、カモフラージュの言い訳に仕事がよく使われるのです。
たとえば、「泊まりがけの出張」が増えたと言って、家に帰らかい日が多くなったというのがよくあります。
また、「深夜残業で遅くなる」と言って、帰宅時間が極端に遅くなる日が頻繁になったり、急に土日も「休日出勤」をするようになったり、というのも疑わしい行動パターンと言えるでしょう。

4.突然、態度が変わる

浮気が始まると態度がだんだん変わってくる人がいます。たとえば、以前よりも口数が少なくなったり、関心を示さなくなったり、態度が冷たくなるというケースです。これとは逆に浮気の罪悪感から、急に優しくなったり、家族サービスに熱心になったりする人もいます。
このように、これまでと180度変わった態度を取るようになった場合は、「なにか、おかしいな」と疑ってみる必要がありそうです。

5.おしゃれに気をつかうようになる

男女を問わず浮気をして「恋愛モード」に入ると、急にオシャレになることがあります。
今まで、妻に下着を買わせていた男性が、自分でパンツを買うようになるというのがよくあるパターンです。
女性のほうも、上下の下着が華やかなものになったり、美容院に行く回数が増えたり、ダイエットを始めたりすることがあります。
また、オシャレに対する関心が高くなるなども要注意です。たとえば、それまで世間の流行に疎かった男性が、急に女性向けのファッションブランドや人気のレストランなどに興味を持つようになったら、浮気を疑ってみてもいいかもしれません。

6.自分でお金を管理を始める

結婚したら、家計は一緒で、銀行口座も共同で管理しているという夫婦が多いというのが実情です。
ところが突然、自分だけの口座を作ったり、「口座を分けよう」などと言い出したら、要注意です。
浮気相手と食事をしたり、ホテルに行ったりというような費用を捻出するために、それまで給料をすべて妻に預けて小遣い制だった男性が、ある日突然、自分で財産を管理し始めるというケースがよくあります。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ