浮気相手と別れさせるには

浮気が発覚しても、すぐには離婚するつもりはない!

いざ浮気が発覚して、浮気の証拠をつかんだとして、さあこからどうするというとき、まず頭に浮かぶ言葉は「離婚」の二文字です。

ですが、中には今のところ、すぐには離婚するつもりはないという人も多いかと思います。
もし、浮気相手ときっぱり別れて、もう一度自分のところに返ってきてくれるなら、それに越したことはありません。
うまくいけば、以前のように円満な夫婦生活ができるかもしれない、また、そうしたいと願う人も少なくありません。
本気で、浮気相手と別れさせたいと考えても、こちらの思うようにはなかなかいかないケースが多いものです。

そんな時の方法の一つとして、浮気相手に対して慰謝料を請求することが考えられます。
そしてさらに、将来のことを考えて、浮気相手と二度と会わないような対策をとっておくのです。
つまり、「再度、不貞行為を行ったら、金○○円の違約金を支払う」という内容の契約を結ぶというものです。

ですが、このように慰謝料を請求したり、契約書を作成するというのは、それなりの専門知識も必要になるので、自分一人でやるのは難しい点が多いと思います。
ここは、やはり、弁護士に依頼したほうがスムーズにことが進められるのではないでしょうか。もし自分で進めるという場合でも、その契約書を公正証書にしておくことが大切です。

中には、こんな面倒なやり方は嫌だとして、「慰謝料を払わなければ○○にばらすぞ」的なことを言う人もいます。
浮気相手が会社員や公務員の場合、勤務先に浮気トラブルを知られるのをおそれるため一定の効果はあるかもしれませんが、脅迫罪や名誉毀損罪になるおそれもあるので、やらない方がよいでしょう。

どうしても浮気相手に伝えたい場合は、「慰謝料を払わないと、給料が差し押さえられて会社に知られてしまうよ」程度の遠回しないい方がよいでしょう。

実際に「浮気相手に慰謝料を請求したいけど、夫と別れるつもりはありません」という女性が多いのも事実ですが、このような手段で浮気相手と別れさせることができても、それで、夫婦生活を立て直すことができたことにはなりません。
浮気をしたことへの怒りはなかなか消えないでしょうが、夫が帰ってきやすい家庭を作るというのも大事なことだと思います。厳しく接しすぎると、再び浮気相手の元に行ってしまうことになりかねません。
大切なことは、責め立てるのではなく、優しく接してあげることなのです。

復縁するためには、自分も変わる必要があるのではないでしょうか。

⇒離婚を回避する方法

 

サイトマップ